ぶらり骨董の旅

骨董品的価値がありそうなものはオークションに出しておこう

古い家には、いろいろと骨董品的価値が高そうな品物が眠っているものです。大きな蔵があるような家なら、整理をしたときに出てきた品物は一応オークションに出しておくといいかもしれません。どのような価値があるのか自分が分からなくても、オークションに参加しているマニアたちがそれぞれいいと思った値段をつけてくれるので鑑定してもらう必要もなくなるのです。骨董品かどうかは素人目には判断できないので、大勢の人にしっかりと見てもらえるように写真をつけてオークションに出品しておくのが無難です。もしかすると歴史的な価値がある品物が家にあるかもしれないのです。歴史の古い家や、しっかりした家系の家、大きな蔵があってさまざまな品物が蓄えられている家などは、無闇に品物を捨てるようなことはしないでおきましょう。ひょっとすると、大きなお宝を捨ててしまうことにもなりかねないのです。骨董品は民家からもよく発見されているので、自分の家にはないと決めつけるのはよくないです。