ぶらり骨董の旅

骨董品の種類はどういうものがあるのか

骨董品にはたくさんの種類がありそれぞれで価格が異なります。 たとえば絵画は有名なアーティストの作品からマイナーなアーティストのものまであり、知名度や作品の種類により価格が異なります。 このほか骨董品にアンティーク家具というものがあります。このアンティーク家具は100年以上経った家具のことをいい比較的最近の家具はヴィンテージ家具と呼ばれているのです。アンティーク家具は種類が豊富にありそれぞれの商品は状態で価格が変化し、傷や使用感のあまりない美品であれば高値で取引されているのです。 版画などの骨董品に関しては、これも絵画と同じで有名なアーティストのものが高い値段で取引されているのですがそれだけではなく、エディションナンバーというものがついており、このエディションナンバーの数が少なほど作られている数が少ないということになります。当然、数が少ないということはそれだけ希少価値が高いので高値で取引されているのです。